冠婚葬祭 服装 女性 マナーについて

マナーを守れば好印象間違いなしです

社会人になると、学生の頃に比べて結婚式などのお祝い事やお葬式などのお悔やみ事に行く機会が増えます。
特に身内や友人以外に、会社関係の冠婚葬祭もあるので、服装などのマナーについてしっかり覚えておきたいですね。
まず、結婚式の場合です。
女性はお着物やドレッシーな華やか装いが相応しいです。
ヘアスタイルもアップスタイルにするなどし、おしゃれしましょう。
足元は素足や黒色などのタイツではなく、肌色のストッキングを着用します。
靴はミュールやサンダル、オープントゥはNGです。
つま先まであるパンプスで、サテンなどの生地でできた物が良いでしょう。
バッグと靴を同じ色合いで統一すると全体のバランスが取れます。
なにより一番大切にしなければならないのは、花嫁がメインだということです。
度を越したおしゃれはマナー違反になりかねません。
次に、お葬式などのお悔やみ事の場合ですが、漆黒のフォーマルスーツが一番良いとされます。
スカートの場合は膝下丈の物を選び、足元は薄手の黒色のストッキングを着用し、靴は黒色の布製のパンプスを履きましょう。
お悔やみ事では光物やエナメルの物、革製品は使用しないようにしましょう。
アクセサリーは一連パールのみ使用できます。
一連パールネックレスは冠婚葬祭において場所を選ばないので一つ持っておくと大変便利です。
マナーを守り、素敵な女性として好印象を与えましょう。

Copyright© 冠婚葬祭 服装 女性 マナー All Rights Reserved.

マナーを守れば好印象間違いなしです