冠婚葬祭 服装 女性 マナーについて

冠婚葬祭時の女性の服装マナーについて

冠婚葬祭とは成人式、結婚式、葬式、法事やお盆などの行事の事です。
それぞれの行事にマナーがあり、特に女性の服装においては行事によりかなり違いがあります。
まず、成人式の場合は華やかな舞台ですので「自分」が主役です。
振袖の着物が一般的に着られています。
成人式は特に気にせじ派手でも構いませんがあまり奇抜になりすぎないのが常識です。
次に、結婚式ですが最低限のマナーとして「新婦」より目立たないようにする事です。
アクセサリーや髪飾りなど新婦より派手なものは控え、引き立て役に徹することが大切です。
ネイルにおいても同様で、パステルカラーなどの薄い色で華やかさを出すのが良いでしょう。
葬儀の場合は、成人式や結婚式とは真逆です。
黒や紺などの喪服で統一し、化粧も出来る限り薄くするのがマナーです。
法事やお盆の場合はお祭として親族で集まったりするので特に決まった服装はないですがあくまで天国に行った方がこの世に戻ってくる日ですので恥ずかしくない服装を心がけましょう。

Copyright© 冠婚葬祭 服装 女性 マナー All Rights Reserved.

冠婚葬祭時の女性の服装マナーについて