お葬式の女性服装マナー

冠婚葬祭の服装はさまざまですが、お葬式では一般的に喪服を着用します。
喪服には正式喪服と略式喪服があり、参列する側は略式喪服を着用します。
近年のお葬式に参列する女性の服装で多く見られるのは、黒色のワンピースやアンサンブル、スーツなどの略式喪服です。
喪服を着る際「肌をあまり見せない」事が原則なので、袖丈は夏場でも肘が隠れる長さのもので、スカート丈も正座した時に膝が隠れるくらいの長さのものを選んで下さい。
ストッキングは肌が薄く透けるくらいの黒色のものが良いです。
厚手のストッキングやタイツはカジュアルな印象を持たれることもあるので注意して下さい。
バックや靴は黒色の布製が正式ですが、光沢がなく、金属や飾りのない黒色の牛革製のものでも良いです。
パンプスの場合はヒールの高さが3~5cmくらいのものを目安に、先が尖っておらず丸いものを選ぶと良いです。
アクセサリーはパールのものを選ぶようにし、ネックレスであれば一連のものを着用して下さい。
喪服のマナーなどは土地柄により違いがあるので、前もって土地柄に合わせたマナーを調べて失礼のない服装選びをして下さい。

自分たちらしい結婚式の招待状を作るならこちらのサイトがオススメです。

結婚式でより輝くために

結婚相談所大阪で婚活に励もう

二次会の幹事ならお任せください。

七五三の撮影お任せください

menu

更新情報

冠婚葬祭での服装のマナーについてお話します。
結婚式に招待されたら、きちんと正装をして新郎新婦

冠婚葬祭での服装のマナー(女性編)

社会人になると、学生の頃に比べて結婚式などのお祝い事やお葬式などのお悔やみ事に行く機会が増えます。<

マナーを守れば好印象間違いなしです

冠婚葬祭の中で特に気をつかわなくてはならないのが葬儀です。
葬儀は亡くなった方を偲ぶための式で

葬儀の際の女性の服装とは

冠婚葬祭とは成人式、結婚式、葬式、法事やお盆などの行事の事です。
それぞれの行事にマナーがあり

冠婚葬祭時の女性の服装マナーについて

Copyright© 冠婚葬祭 服装 女性 マナー All Rights Reserved.

お葬式の女性服装マナー