冠婚葬祭 服装 女性 マナーについて

冠婚葬祭での服装のマナー(女性編)

冠婚葬祭での服装のマナーについてお話します。
結婚式に招待されたら、きちんと正装をして新郎新婦をお祝いしたいものです。
女性の場合、ドレスで行かれる方も多いと思いますが、挙式から参加する場合や昼間の披露宴の場合、肩の大きく開いた露出の高いものはよくありません。
ボレロを羽織ったり、袖つきのドレスを選んだりしましょう。
スカートの長さにも気をつけましょう。
ミニスカートは、これも露出が高いですのでいけません。
ひざが隠れるくらいの丈を選ぶとよいでしょう。
ドレスの色ですが、一般的に白色は避けます。
これは当日に白色を着るのは新婦新婦であり、色が被らないようにしないといけません。
できれば写真を撮った際に白っぽく見えてしまうような、光沢のあるベージュのような淡い色味も避けるのが無難でしょう。
そして全身真っ黒で身を固めるのも、お葬式を連想させますので避けましょう。
黒いドレスを選ぶ場合は、靴や羽織もので明るい色を取り入れるようにしましょう。
色のきれいなドレスでおしゃれをした女性達はそれだけで場を華やかにします。
お祝いムードも一気に盛り上がるでしょう。

Copyright© 冠婚葬祭 服装 女性 マナー All Rights Reserved.

冠婚葬祭での服装のマナー(女性編)