冠婚葬祭 服装 女性 マナーについて

葬儀の際の女性の服装とは

冠婚葬祭の中で特に気をつかわなくてはならないのが葬儀です。
葬儀は亡くなった方を偲ぶための式で厳かに行われます。
葬儀は突然行われることが多いので前もって喪服などを用意しておくと安心です。
女性の服装のマナーとしては通夜の場合は喪服でなくても大丈夫です。
仕事帰りに立ち寄る際はアクセサリーを取り外し髪の毛も一つにまとめるようにします。
近年では葬儀でなく通夜に参列することも多くなっているので、そういった場合は喪服を着用すると良いでしょう。
葬儀告別式の場合は、喪服を着用します。
黒色のストッキングで靴もヒールが低いものを選びます。
会場内はたいへん静かですので、ヒールが高すぎると音が響いてしまいます。
冠婚葬祭用の靴はそういった配慮をしているものが多いです。
バッグもブランド名が書かれていたり、装飾してあったりするものは使いません。
光沢のないものを持っていくようにします。
アクセサリーもつけない方が良いです。
髪の色は気にしなくても大丈夫ですがあまりに奇抜な色の場合はまとめるなど工夫をすると良いです。

Copyright© 冠婚葬祭 服装 女性 マナー All Rights Reserved.

葬儀の際の女性の服装とは